仕事に直接活かせるスキル|独学で行政書士を学べる|自分の武器になる

独学で行政書士を学べる|自分の武器になる

女の人

仕事に直接活かせるスキル

女性

各試験の特徴と注意点

企業のあり方が様々になり、グローバル化によって海外との関わりが強くなるなどして職場ではより高度な知識と経験が求められるようになっています。そのため、就職に有利になることや就職後の自分の評価を高める目的でビジネスの資格が人気です。ビジネス系の資格は経済関連と経営関連の2つに分けられ、それぞれの特徴を理解することが自分に適した資格選びには不可欠です。経済関連のビジネスの資格は、主に現在の会社の状況を把握して数字で示すことや、過去の売り上げなどの動向を分析して計算することで今後の見通しを立てることを目指します。一方、経営関連の資格では経済学の知識を用いることもありますが、社員の管理や他の会社との提携など、企業の運営そのものに重点を置いています。それぞれの特徴を理解したうえで、実際の仕事に活かしていきましょう。

複数のスキルのメリット

ビジネス系の資格について知っておきたい事として、いずれの分野も全て関連していて複数の分野を学ぶことでよりビジネスに応用できる知識や情報が増えるという点が挙げられます。経済学と経営学をともに学ぶことで、企業の動向を数字で客観的に把握しながら今後の取引や運営について実践的に計画を立てることができます。それ以外にも、パソコンのスキルとしてソフトを用いた文書作成や表作成の資格が取れますが、これらは経済・経営学をしっかりと学ぶことで的確に文書をまとめたり、表作成における計算がスムーズに進んだりというメリットがあります。ビジネス関連の資格は一つの分野を極めるのはもちろん、複数の分野を満遍なく意識して学ぶのもいいでしょう。