独学で行政書士を学べる|自分の武器になる

ウーマン

やりがいのある仕事

勉学

言語聴覚士の資格を取得するためには、様々な学校で勉強する選択肢があるため自分に合った方法を選んでみることをおすすめします。またたいへんやりがいのある仕事で高いコミュニケーション能力が必要となり、様々な場所で働くことができます。

読んでみよう

コツをつかんで勉強を

勉強道具

行政書士の資格は難関です。法律に関する専門的な用語が多く登場し、素人にはかなり難しい内容となっています。しかし、コツをつかんで計画的に勉強すれば独学でも合格は可能です。行政書士の合格率はおよそ5〜10パーセントです。そのうち独学で合格するのは合格者の1割程度といわれています。また、勉強に必要な時間は短くて500時間、何回も落ちて再受験することになると5000時間ほど必要ともいわれています。この数字だけを見るととても不可能に感じるかもしれませんが、不合格となる人は多くの場合コツをつかめていないか勉強方法の効率がよくないことが多いのです。方法を工夫すれば独学での合格も不可能ではありません。コツは参考書と過去問を最大限活用することです。

行政書士の独学には参考書選びが非常に重要です。何の知識もない場合は、最初の一冊は読みやすくわかりやすいと感じるものにしましょう。まずは概要をつかむのが先決です。最初はよくわからなくても、何回も参考書を読むことでなんとなく概要がつかめてきます。何回か読んだら、過去問にあたりましょう。行政書士の勉強において過去問にあたることは非常に重要です。過去問を解くことで試験の形式になれることができ、自分の苦手分野もわかってきます。過去問で間違えたところは解説を読むだけでなく参考書にも戻って説明を読みましょう。この繰り返しでだんだん頭に内容が入ってきます。この過程に入ったらより詳しい参考書を買うのも悪くありません。試験近くなったら模試を受けるのもおすすめです。模試では本番同様の緊張感と時間の感覚を体験できるためです。

仕事に直接活かせるスキル

女性

ビジネス関連の資格には、数字によって企業の状況や動向を読み取る経済系のものと、取引などの企業の運営面について深く考えるための経営系のものがあります。それぞれの資格の特徴を区別することに注意したうえで、複数の分野を学ぶことがビジネスの資格を活かすためのポイントです。

読んでみよう

将来を見据えたなら

女の人

企業において、近年ではマネジメントの知識や資格などを重視する傾向が高まっている。マネジメントの知識を得るためには、実践的な研修を受けることやセミナーに参加することで知識を得るなどの方法があり、それらを活用すると効果的である。

読んでみよう